テニス肘はどういうものか

聴診器

テニス肘とは

テニスの動作は肘をひねる事が多く、肘に多くの負担がかかり蓄積されていきます。特にボールを打った時の衝撃で、肘の筋肉への付着部分が損傷を起こし痛みが発生します。これがテニス肘と呼ばれています。

外側型と内側型の炎症

テニス肘は主に、外側型と内側型の炎症に分けられます。テニスのストロークで炎症が発生し、バックハンドでは肘の外側、フォアハンドでは肘の内側を損傷しやすくなります。外側型はドアノブを回すような動作で痛みが起こり、内側型はバイクを運転する動作で痛みが起こるのが特徴です。

テニス肘の重症度

痛みの程度によって、テニス肘の重症度が決まります。あくまで目安ですが、肘を動かす動作をする時だけ痛むことや、それが15分ほど続くようであれば軽症の部類です。しかし、2時間たっても痛みが引かない時や、腫れや熱感を持っていて手の力が入りにくくなっていれば重症の可能性があります。すぐに病院で検査を行ないましょう。

痛みは体のSOS

痛みがありながらもテニスを続けたいから、また、デスクワークなどでの発症であれば特に痛みだけだからと我慢や放置することは重症化する原因になります。痛みは体からのSOSです。無理な運動や放置は治療が長引く原因になります。痛みを我慢せず治療に専念しましょう。

テニス肘になった時には

自分で行なえる応急処置はありますか?

症状が軽い時には、痛む箇所よりも手首や指のストレッチを入念に行なった方がいいです。また、熱を持っている場合は冷やすなどして、対処をしてください。

テニス経験が無いのにどうしてテニス肘と診断されたの?

一般的にはテニス肘と呼ばれていますが、パソコンなど肘を遣う動作で繰り返し起きる負担が蓄積されて、炎症を起こしている状態を呼びます。

なかなか痛みが治りにくいです。どうしたらいいですか?

テニス肘は、肘の負担が蓄積されることによって起こる炎症のため、なかなか治り辛いとされています。痛みが発生した時は、こまめにストレッチを行なう事や、炎症箇所を冷やして対応しましょう。

テニス肘の予防法は?

テニス肘は完治まで長い時間がかかる事や、完治しても再発することが多いです。ですから、まずは予防をしましょう。運動を行なう前には入念なストレッチを行なうなど、他の肉離れなどと同様に準備運動を欠かさないようにすることが適切な予防方法です。

どうしても治らない場合は?

ストレッチなどの保存療法でも治りきらない場合は、手術での治療も可能です。複雑な手術ではないため、翌日から普段の生活に戻ることができるでしょう。ただ、手術が必要になる前に、運動前やデスクワークをしている方は、普段からのストレッチを心がけてテニス肘にならないようにした方がいいです。

【PR】
下肢静脈瘤をレーザー治療で改善。
最先端治療を受けるメリット。【PR】
脳動静脈奇形の治療方針
答えはここで見つかる。【PR】
免疫療法は若いうちから!
健康はお金に変えられない!

テニス肘の治療と予防

相談

テニス肘を治療する

テニス肘は動かすことで痛みが伴うため辛いです。正しい治療で治しましょう。

READ MORE
医者

テニス肘を予防する

テニス肘は日常生活でも発症します。しかし、正しい方法を行えば十分に予防することができます。

READ MORE
患者

サポーターを使用する

痛くて辛いのがテニス肘の症状です。サポーターで症状を軽減ながら治療をしていきましょう。

READ MORE