痛みを和らげるサポーター

サポーターを正しく装着することにより、炎症箇所を安静に保つことができるので治療への近道となります。

サポーターで痛みを軽減

患者

バンド型とスリーブ型

テニス肘用のサポーターは治療効果の違いによって、2種類のサポーターがあります。ちなみにサポーターを付けているだけで治るというわけではありません。正しいサポーターの装着をし、治療への手助けにしましょう。

バンド型のサポーター

バンド型は力こぶの部分から腕の半分くらいまでを固定するサポーターです。より強い固定をして、炎症部分を極力動かさないようにするのがバンド型の特徴です。

スリーブ型のサポーター

スリーブ型のサポーターは固定される部分が少なく、腕がある程度動かしやすくなっています。痛みはあるが、仕事や家事などでバンド型は大きくてつけられない方はスリーブ型の着用が適切です。